前へ
次へ

現代人に肩こりが多くなったとされる

街中を歩いているといろいろなお店があり、比較的よく見かけるのがマッサージの店かもしれません。中の様子

more

肩こり解消のための情報収集

インターネットで肩こりの情報をチェックすると、たくさんの量のウェブサイトが表示されます。それだけ多く

more

肩こりに対する加温の効果

肩こりについては、疲労のストックや身体にとって悪影響をもたらすストレス、運動不足などが影響を及ぼしま

more

病気のために肩こりを改善させよう

今は、軽症であってもうつ病に苦しむ患者さんは増えている、そうした話も耳にします。「メンタルの弱さ」と片づけられることもなきにしもあらず、しかし、子どもでもうつ病を発症することさえあり、メンタルだけで片づけられない問題です。症状としては、全身の倦怠感などの身体症状が現れることもあるようです。生きていくのがツラいなどと思ってしまう精神症状はないのに、痛みやこりなどの身体症状が現れるケースもあるようで、医療機関では仮面うつ病と診断したり、呼ばれているようです。肩こりや頭痛が長引くケースもあるでしょう。実は「うつ病」であったケースもあるそうです。原因は、脳内のセロトニンの分泌異常です。脳機能の障害ですから、脳の病気でもあります。早めに治療をするのがポイントです。分泌異常にはどういった原因があるのか、それは1人1人異なりはするものの「ストレス」が原因にもなりうるようです。プレッシャーや環境の変化に影響される心と脳の病気でもあり、昇進したり、肩の荷がおりたことでも発症してしまう可能性もなきにしもあらずです。ストレスが蓄積するだけでも、肩こりがヒドくなることもあります。自律神経の乱れも影響しており、交感神経と副交感神経が上手く機能していないのなら、うつ病の患者さんに多く見受けられる不眠の症状も患っているかもしれません。肩こりは筋肉が緊張して張っている状態で、なおかつストレスによりその張り、こわばりは強くなります。和らげることで、心も脳にも良い作用をもたらします。 肩こりが解消されるように医療機関でも、セルフケアをアドバイスしています。肩まわりをしっかり解すようにストレッチをするだけでも、質の良い眠りにも繋がります。質の良い眠りはこりを回復させるためにも有効性があります。少しずつでも肩を意識して動かす、そうした動作でも十分治療の1つになりうるのです。こりを慢性化させないことも病気を治す1つの対策です。

来院しやすい堂山レディースクリニック
抵抗なくお越しいただけるよう外観にもこだわっています

素早く的確に診察してくれる小田原の山本眼科医院

春日井の接骨院でオリンピックのトレーナーが在籍、ふくもり接骨院

豊田市で女性や子連れに人気の接骨院|みたち接骨院

マイクロスコープで治療をする歯医者さん
マイクロスコープを使用することで肉眼では見えない部分まで目で確認することができるため、治療の制度が飛躍的に向上します。

Page Top